iPhone/iPad ピアノアプリ Live Piano

「Live Piano」は、iPhone/iPad両対応の88鍵バーチャルピアノです。電子ピアノをそのままポケットサイズにというコンセプトのもと、タッチパネルでもいろんなフレーズがしっかり弾ける、「普通の」モバイル鍵盤を志向しています。ダンパーペダルとステレオリバーブを搭載しています。また、ピアノ以外の音色も少数搭載しています。

Live Piano - Katsuomi Kobayashi

特徴

音源部

鍵盤部

その他

開発の経緯

こう言ってはなんですが、基本的には、タッチパネルで鍵盤なんか弾くものじゃないと思います。タッチパネルでは鍵盤の触感がないので、実際の鍵盤を弾くときに無意識にやっている指の位置の修正ができません。おまけに、スマートフォンの狭い画面だと、指を傾けるだけで隣のキーに触れてしまいます。

ですから、iPhoneで実用レベルで演奏できるシンセアプリを作るとなると、KAOSSILATOR系、TENORI-ON系、テルミン系等になってしまいますよね。ハードウェアの特性に合わせて楽器をデザインすることを考えれば、それがたぶん正解です。が、下手ながらも鍵盤楽器をやってきた身としてはそれがちょっと面白くなくて、やりようによってはいくらか弾ける鍵盤が作れるのでは、と自作してみた、いわばマイ鍵盤がこれです。生演奏にフォーカスということで、安直に「Live Piano」と名付けました。結果がどうなったかは、上のデモ動画でご判断いただければと思います。

*

Live Pianoで演奏していただきました。ありがとうございます!

おまけ

開発中の写真。まだiPadの実機がなかったので、モックを紙に印刷して検討。思ったより小さかった。2列鍵盤は手が干渉するので難しい?

こんなのも考えた。意味がないですね……。

ピアノ音色は独自にサンプリングしています。スタジオでピアノの単音を多数録音して選別し、ノイズの除去やEQ調整などを行って88鍵に割り当てます。

いろいろ試行錯誤しているんですが、実のところ、楽器自体の出音と部屋環境で大方決まってしまうようです。生ピアノは音が安定せず、空調の音、椅子や床がきしむ音、服や靴が擦れる音、部屋がときたまピシッと鳴る音など、マイクが全部拾ってしまうので大変です。10音録って辛うじて1音使えるかどうかという感じでしょうか。


連絡先

お問い合わせや不具合のご報告などは、下記メールアドレスにどうぞ。

katsuomi.kobayashi [at] gmail.com

クレジット

プログラム/グラフィックス/音源サンプリング:こりん

使用技術

Objective-C、C++