Unityで1週間でミニゲームを作ってみた

2011年07月19日

最近なにかと話題のゲームエンジンUnity。ずっと前から気になっていてちょくちょくいじってはいたんですが、実際にゲームを作ってみたことはありませんでした。そんなところにIGDA日本のUnityのセミナーがありまして、面白そうな内容でぜひ行こうと思ったんですが、Unityをろくに触らないまま遠路出かけるのはもったいないということで、急遽ゲームを1本でっちあげてみました。

ゲームはこちらです。要求スペックはそこそこ高めです。

ちなみにセミナーの内容については「強火で進め」さんのブログにまとめられています。

以下、メイキング的なメモ書きです。

今回、時間がなかったこともあって、「リソースは自作しない」というのを絶対方針にしました。UnityにはAsset Storeという公式の素材マーケットがあるので、主にそこからフリーのものをいろいろ見つくろってきています。背景やトゲ付き鉄球など、全部既製の素材です。

また、プレイヤーキャラクターはMixamoを利用しました。有料ですが、3Dの人体モデルを作成したり、自作のモデルをアップロードしてモーションをつけたりできるサービスです。今回は、Mixamo本家で3Dモデルを作成して$10で購入し、Unityのプラグイン(Mixamo Animation Store)から歩きモーションと立ちモーションをそれぞれ$10で購入しました。しめて$30です。モデリングもモーション付けも自分でやるとものすごく大変な作業ですから、とりあえずこうして解決してしまえるのはとてもありがたいです。

ゲームデザインについてですが、作る直前にUnity上でラグドールの実験をしてまして、ラグドールが吹っ飛ぶのは面白いよねということで(ゲームのバグ動画などでよくありますよね)いろいろ物を投げ込んでぶつけて吹っ飛ばしてやろうと。物理エンジンも活用できるし、見栄えがするのでいいかなと思いました。

吹き飛ぶときの爆発はDetonator Explosion Frameworkを使用しています。Prefabをスクリプト1行で生成するだけで派手な爆発をしてくれるアセットです。ゲームの内容的にはなぜ爆発するんだって感じですが(笑)、一度使ってみたかったので。まあ、特撮などでも意味もなく爆発しますし。このキャラがそういう体質なんでしょう、きっと。

避けゲーということで安直にAvoiderとタイトル決定。たぶん主人公の名前か何かでしょう。タイトル画面は、Adobe Fireworksで適当にプリセットのスタイルを適用して字詰めしてロゴを作成、プレイヤーキャラを配置してライトを当ててできあがり。ちょっとでも動きがないと寂しいので、トゥイーンライブラリのiTweenを使って、ライトのフェードインとロゴの明滅をさせています。ちなみにこのトゥイーンライブラリというのはFlashの世界で生まれて発展してきたもので、簡単に言うと「動き」をライブラリ化したものです。コード1行でオブジェクトをアニメーションさせたりできます。UnityにもFlashのタイムラインのようなアニメーション機能があるのですが、Flash同様、トゥイーンライブラリのほうが楽に動きをつけられる場面が往々にしてあります。iTweenのサイトのExamplesに印象的なデモがたくさんあります。

ただ避けて生き延びるだけではゲームとして単純すぎると思ったので、宝石を取るとスコアが加算されるようにしました。ゲームはプレイヤーに2つ以上のことを同時にさせるといいそうです(参考:社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』)。というか、Asset StoreにGem Shaderというものがあって、綺麗な宝石モデルも入っていたので使ってみたというのが本当のところで、順序が逆かもしれません。ちなみにシェーダの中身をまったく見てません。ブラックボックスのまま使って(使えて)しまっています。

宝石を取ったときにエフェクトがないと取った感が出ないのでどうしようかと思ったんですが、標準アセットのParticlesパッケージの中にあったFireworksをもうこれでいいやとそのまま使用。あとは、せっかくなのでコンボボーナスをつけたり、宝石を2種類にしてスコアを変えたりしてよりゲームっぽくしてみました。なお、時間が経つと宝石が小さくなって消えるのもiTweenを使ってます。

難易度調整、実はこれが一番時間がかかったかもしれないんですが、NORMALモードとHARDモードを用意するという逃げに走りました。あとカメラアングルは最初もっと低かったんですが、フィールドの上のほうがオブジェクトに隠れて見づらくなり、下のほうばかりをうろうろするプレイになってしまって、あまりに不自然だったので、ほとんどトップビューにしてしまいました。せっかくのキャラクターがよく見えなくなってしまうので躊躇したんですが仕方なしです。タイトル画面のアップでカバーする感じですかね(笑)。それと、プレイヤーキャラの当たり判定は、胴体より下だけにしてあります。

BGMは、一応DTMerなので本来なら自作するべきところなんですが、CubaseのLoopMashのプリセットをちょっといじって書き出してシーンに配置して終わり。宝石を取った効果音もCubase付属音源から適当な音色を探してきて使用。オブジェクトが跳ね返る音は効果音素材CDからです。

と、こんな感じで作ったんですが、ゲーム内容的にも制作工程的にも相当横着してますね。とりあえず見ていただいた方々に面白いと言っていただけたので(ありがとうございます!)いいのかな?と思います。既存のアセットを使いまくってるのはバレバレでしたけど(笑)。

*

さて、こうして短期間で1本でっちあげてみて、Unityのことが以前よりもずっとよくわかったというか、正直、過小評価してたような気がしてきました。すごいゲームエンジンだとは認識していたんですが、ゲームエンジン本体よりも、周辺の文化圏こそが真価だったんじゃないかと。今回、他人のアセットの力を素直に借りようと最初に決断していたとはいえ、素材を探してぽんぽん放りこんで、ちょこちょことスクリプトを書き足すだけで、あっという間にそれっぽいものが組み上がっていくのは、いいんだろうか本当にって感じでした。ほとんどチートのような気もするんですが、実はこれが本来の使い方(のひとつ)なのかもしれません。セミナーの講演の中でもレゴブロック的という話があったように記憶しています。

実のところ、現状のAsset Storeはサーバがかなり重かったりして、お世辞にも使いやすいとは言えないのですが(公式フォーラムのこのスレッドで、Unityの中の人いわくなんとかするそうです)、そのあたりが解決されてアセットの数が増えれば、さらにとんでもないことになりそうな予感がします(なお、ゲームに使用可能な3D素材については他にもTurboSquidなどがあります)。

あと、スクリプトについても、まだ慣れていなくてAPIがあまり身についていないのですが、何か引っかかったらUnity Answersフォーラムで検索すればすぐ答えが出てきましたし、そもそも今回自分で書いたJavaScriptコードが全部で600行ほどしかありません。流暢に書けなくてもどうにでもなる量です((追記)ちなみに、UnityのJavaScriptは「UnityScript」と言って、JavaScriptに似た別の何かだったりします。本格的な制作にはC#を使ったほうがいいです)。

このスピードとこのコード量で、1人で、仮にも物理エンジンが走り、人体モデルが動くような3Dゲームをでっちあげられるというのは、今までは考えられなかったことなんじゃないでしょうか。3Dゲームを作れるのはナムコとセガくらいみたいな時代もあったと思うんですが、すごいカジュアル化です。Unityが言うには「民主化」とのことですが、ある意味、言い訳ができなくなりつつあるようで、ちょっと怖いなと……まあ、一方で、リソース作りが大変なのは基本的に変わらないとも思うんですけどね。

こうした至れり尽くせりのゲームエンジンに乗っかれるかというのは、特にプログラミングをする人にとって心情的に複雑なところもあると思うんですが、自分の場合はどうもメリットのほうが大きそうなので、本気で乗っかってみようかなと考えはじめてます。

とりあえず、もう1本くらい実験作を作ってみたいですね。もうちょっとシーンやスクリプト的に凝った何か。

(2013-12-11追記)と言いつつ、これを書いた直後に、HTML5を調べないと、という事情になってしばらく間が空いてしまったりしました(汗)。まあ、よくあることです。

comments powered by Disqus