Oculus Game Jam関西に参加しました

2013年12月06日

第1回 Oculus Game Jam in Japan 関西に参加してきました。Oculus Riftに関心のある人達で集まって、6時間で何か作ろうというイベントです。

今回は、コッペパンさん、地主さん、そえじまさん、ひらおさん(順不同)と一緒に、ゴールを目指してジャンプしながら進んでいく全5面のプラットフォームゲームのようなものをUnityで制作しました。

実行ファイルはこちらです。Oculus Riftが必要です。

キーボードおよびXbox 360コントローラーに対応しています。詳しい操作についてはREADMEを参照してください。

実は最初、上から敵を踏んづけて倒すジャンピングフラッシュのようなものを作ろうとわがままを言わせていただいたのですが(というかタイトルがモロにそうなってますが)、時間的に厳しく、よりシンプルなものになりました。それでも、Oculus Riftの特性を活かしたステージを皆さんに作っていただいて、見どころのあるものができあがったんじゃないかと思います。Riftがないとジャンプしたときに着地点が見えず、距離感もつかめないんですが、Riftだとちゃんと遊べるし、跳びまわるのが楽しいです。

今回がゲームジャム初体験だったのですが、とても面白かったです。反省点も多々あり、Dropboxの共有フォルダとunitypackageを使ってプロジェクトのマージをしたのですが、アセットの漏れや上書きがかなり発生したので、この辺りもっとよく理解しておきたいですね。あと、ごく個人的なこととしては、Asset Storeのアセットを座標系がおかしいのに気づかず使ってしまいテンパるという事案があり、再発防止したいです(笑)。

またこうしたイベントがあれば参加したいです。一緒にゲームを作ってくださった皆さん、主催のsyyamaさん、その他参加者の皆様、ありがとうございました!

戦利品のぬるぽステッカーなど。

(書いた人: こりん

技術ブログトップへ