BitSummit 2014参加レポート

2014年03月12日

3月7日から9日にかけて開催された自主制作ゲームの展示会、BitSummitに出展してきました。

正直、レベルの高い制作者の方々が多すぎて場違いになるんじゃないかと心配したのですが、ずっと居心地のいいイベントでした。作ったものをたくさんの方に目の前で遊んでいただいて反応が見られて、また、いろんなゲームの作者さんと話ができて、これからどんなものを作っていきたいか、なんとなく方向性が確認できたので良かったです。

3D駐車シミュレーターと、以前作ったシューティングゲームなどを展示しました。ブースに立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました!

特にお世話になった制作者さんです。

初日にお隣になったピコリンネソフトさん。本格的な80年代風シューティングを制作されています。スペースマンボウ、R-TYPE LEOあたりのゲーム名でぴぴっと来た人は要チェックです。

2日目にお隣のブースになったざとさん。綺麗なノベルゲーム等を制作されています。自分はアートなセンスがゼロなので見習いたいです。こちらからダウンロードして遊べます。

Papers, Pleaseアスタブリードなど、有名なインディー・同人ゲームもたくさん展示されていました。ロッコちゃんが筐体で遊べましたw

商業とはやや異なるゲームの数々が一堂に見られて、作者の方々とも会えて、ゲーム好きの一般の方も間違いなく楽しめるイベントでした。来年も開催されるようですので、遠方の方も、京都観光ついでに予定を組んでみてはいかがでしょうか。

このイベントに参加して制作モチベーションがかなり上がったので、絶やさないようにして精進しようと思ってます。もっといいものを作って、それを手土産にまた来年も参加したいですね(競争率が上がりそうな予感がしますけど……)。

書いた人: こりん

ニューストップへ