作品・実績

これまでに制作および制作協力を行ったVRコンテンツを公開・紹介しています。

*

自主制作

ダウンロードソフト

3D駐車シミュレーター

VRで車庫入れや縦列駐車の練習ができます。実際に運転席に座っているような感覚が味わえます。

オーバーストリーム

Oculus Riftの位置トラッキングカメラの有効範囲を目一杯使った、身体を動かして遊ぶ川下りアクションゲームです。MoguraVR主催のVR Award Japan 2015で9位にランクインしました。

VR刺身タンポポ

Oculus Touchを使って、流れてくる刺身の上にタンポポを載せるだけの簡単なお仕事です。

シルエットストライカー

Oculus Riftで普通のシューティングゲームを作ったらどうなるかというプロトタイプです。

AVOIDER

2011年にUnityで初めて作ったミニゲームをVRゲーム化してみました。視点の変更などの工夫を行っています。

展示作品

VRちゃぶ台返し

ちゃぶ台コントローラを使って、いくらでも好きなだけちゃぶ台返しできます。Arduinoとジャイロセンサーを使用しています。ROBO&PEACEおよびニコニコ超会議2015にて出展を行いました。

実験作

ジェスチャー入力実験

ヘッドトラッキングを使って、うなずいたらYes、首を振ったらNoというのをやってみました。ダウンロード可。

お仕事(一部・公開できるもののみ)

ソロモン・カーペット

渋谷アドアーズの常設型VRアミューズメント施設「VR PARK TOKYO」向けに、大型可動筐体とバックパックPCを使用するマルチプレイVRアトラクションを制作しました。Unityによるソフトウェアの実装のメインを担当しています。

四季の世界遺産ドライブ

リクルートテクノロジーズ主催のVR体験会「未来アミューズメントパーク」向けに、大型可動筐体を使用するVRアトラクションのソフトウェア側を制作しました。Unreal Engine 4による実装およびシーン制作を担当しています。

Hashilus

越谷イオンレイクタウンの常設型VRアミューズメント施設「VR Center」向けに、VR乗馬レースゲーム「Hashilus」をリファインしました。Oculus Rift DK2用のプロジェクトファイルを引き継いで、HTC Vive対応やグラフィックスの向上その他300コミットほどの改修を行っています。

DVERSE Inc. Stimulation VR

DVERSE Inc.の依頼で、デジタルコンテンツEXPO 2015のVRパフォーマンスで使用するソフトウェアを制作しました。Unity製で、3Dモデル等はAsset Storeのアセットを使用しています。Razer Hydraを使用しています。