» VR開発メモトップへ

Godot Engineメモ

最終更新日:2021年09月26日

オープンソースのゲームエンジンGodotについてメモしていく場所です。書きかけです。

更新履歴

(2021年9月26日)とりあえずページ作成


Godotとは

GodotはオープンソースのC++製2D/3Dゲームエンジンです。

もともとは2007年頃からアルゼンチンのJuan Linietsky氏とAriel Manzur氏が開発していたインハウスゲームエンジンですが、2014年にMITライセンスでオープンソース化しました。以後、Patreonで支援を募ったりMozillaMicrosoftEpic GamesFacebook等から都度開発資金の提供を受けつつアクティブに開発が進められています。

Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ブラウザと一通りのプラットフォームにアプリをエクスポートできます。スクリプトは独自言語のGDScriptですが、C#やC++も公式サポートしています。

また、エディタ自体がGodot Engineで動いているという特徴があり、実際にウェブ向けに出力されたWeb Editorが動いています。

Godot Engineの名前の由来と読み方について

公式のプレスキットによれば、名前の由来はサミュエル・ベケットのフランス語の戯曲「ゴドーを待ちながら(Waiting for Godot)」で、言語によってGodotの読み方は異なりますが、通常戯曲と同じように発音されるとのことです。「ネイティブの英語話者はゴドー(“GOD-oh”)を推奨」とのことで、日本語でも戯曲通り「ゴドー」でしょうか。

なお、実際にはいろんな読み方をされていたり、創始者のJuan Linietsky氏自身スペイン語読みゴードット(“Go-Dot”)と発音していたりするのですが、裏話として、Godotはもともとただの開発名だったのが、逆転裁判にゴドーという同名のキャラクターが登場したことで正式名称に決まったそうで、こちらの由来からもやはり「ゴドーエンジン」になりそうです。

Godotをとりあえず使ってみる

GDScript

以下φ(..)メモメモ中

書いた人:こりん(@korinVR
» VR開発メモトップへ