VR開発メモトップ

Unity EditorVRについて

最終更新日:2016年12月20日

UnityのVRエディタ機能(EditorVR)について簡単に触れています。

更新履歴

(2016年12月20日)とりあえずページ作成 

目次


EditorVRについて

UnityからVR空間で直接シーンを編集できる実験機能が提供されています。今のところあくまで試験的に提供されているもので、正式リリースの時期は未定のようです。

使ってみたところ、今のヘッドセットの解像度ではUIの文字が見づらかったり、まだまだ実用には難しいと思いますが、オブジェクトの配置などは奥行きの分からない2Dディスプレイ上でマウスで位置決めするよりも格段に効率的なのではと感じました。

EditorVRを使用するには

UnityのEditorVR対応実験ビルドをインストールします(すでにインストールされているUnityを上書きしてしまわないように、インストール先を変更してください)。起動して新規プロジェクトを作成したら、EditorVRのパッケージをインポートしてApplyします。

さらに、HTC Viveで使用するにはAsset StoreからSteamVRプラグインをインポート、Oculus Riftで使用するにはOculus Utilitiesをインポートしてください。

Windows > EditorVRを選択するか、Ctrl+EでEditorVRが開始されます。

コントローラの下のUnityロゴをもう一方のコントローラでポイントしてトリガーを引くとメニューが開きます。その他、操作方法やTipsがこちらのドキュメントで説明されています。

また、公式フォーラムにおいてアップデートの情報などが提供されるとのことです。


参考リンク

書いた人:こりん(@k0rin
リンク切れや間違いなどございましたらメールやTwitterでご指摘ください。
VR開発メモトップ RSS